コンテンツ
ヘッダ

ボンヤリレビー

のんびりまったり感想かいてます

カレンダー

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
となりの怪物くん
記事本文
評価:
ろびこ
講談社
コメント:女はドライアイスと呼ばれてた。男は友達を求めてた。

評価:
ろびこ
講談社
コメント:周りに人が集まった 関係は縮まらない

もしそうなら 私の世界を変えたのはハルだ

今話題のとなりの怪物くんです。
他人のことに興味がない、対応がドライすぎてブリザードな雫。
他人との距離感がつかめず、純粋すぎて危険な春。
この二人に共通しているのは「人付き合いが下手なこと」
雫は人と関わりを求めない。感情表現が苦手で人にもあまり興味を抱かない雫。
春は友達を求めてた。けれど凶暴で短絡的すぎて人から恐れられている春。

面白かったです。関係性というか人とのつながりをていねいに書いてくれてすごい表情がうまい方だなーって思いました。
というか変化の仕方がつぼすぎるというか、まじで本当にここまで表情だけで転がされるとは思いませんでした。
本当にふとした瞬間に感情移入できてしまう表情をするというか。
まじでキャラがはっとして注目してしまう表情がすごいきれいだし、冷静にというか冷たい目は印象的だし。やわらかーな気持ちの時とかの目の書きわけがすごいつぼ。
5巻の夏目ちゃんが「あー、よかった」ってシーンと「たぶん、だいすきです」のシーンの表情の変化がすごい好きだ!!
そしてなんていうんだろう、雫が可愛い。つぼすぎる。
ドライアイスとか呼ばれちゃうけど、自分のルールは崩さない人ってイメージがする。
ハルが本能的に、雫が理性的に動こうとするからその対比が面白い。
雫は理性の人になりたいなんだなーって思ってもところどころマジで感情的になる。というかストレート。
なんていうかこうでなければならないというルールを自分に設けて、だけど変化していく人。立ち止まったり戻ったりするけど、きちんと自分で考えて自分の責任で動ける人。
なんていうかすごい好きなんだと思う、雫のことが。
すごい考え方が机上の空論という言葉にぴったりというか、感情の入らない考え方する人だけど学ぼうとするところがすごい。
そして潔いほどのストレートな物言い。すごい大好きだ!!
ハルはどうしても親のような立場というか、「そうじゃないだろー!!」って言いたくなる。なんていうか不器用すぎて痛いというか。
こいつ雫がライバル視するくらい成績いいのに変な方向で馬鹿というか……。
ほかのキャラたちもかわいいです。というかいちいち反応が可愛い。
とくに4巻からの夏目ちゃんの恋してる顔とかー!!! すっげーかうぃいいい!!!

以降語ります。ネタばれ注意!長文注意!!
JUGEMテーマ:おすすめの漫画
 
JUGEMテーマ:My本紹介します
記事続き

☆主人公二人 について
正直主人公二人ともあれなんですよね。「不器用で正直すぎる」
それが二人を孤立させた。雫はドライアイスと呼ばれていたくらいドライで冷たいまるでロボットのような正しいけれど感情のない対応しかできなかった。ハルは素直なのだけれど凶暴で人が恐ろしかったから攻撃するという動物的で感情的な対応しかできなかった。
だけどお互いがお互いを通して他人と付き合っていき、成長していく。周りに人が集まってくる。
だけど二人には差異がありすぎるんだよね。似てるだけで全然違うから。
雫はハルの「自分にはないところ」に惹かれたし、ハルは雫の「自分を怖がらないさみしさを埋めてくれる人」という立場に惹かれたんだと思う。だからこそ春は雫に「変化」を求めない。「友達」で「最初の理解者」である雫が好きだから。
そりゃ自分を好きになってくれたらうれしい。自分に好意をもってくれたらうれしい。
だけどハルはそれ以上を求めるのだろうか? ハルは自分より大切な人が雫にできるのは嫌だろう。だけど本当にそれは「友達に対する独占欲」ではないだろうか。
正直雫のほうは「恋愛感情」をハルに持ってると思う。でもハルは変化を求めない。
それがすごい切ない。ハルは雫の世界を変えた。そして雫と過ごすことでハルの周りは変わった。
けど”芯”は怪物のまま変わらない。純粋に単純にという部分が変わらない。
人間と動物の違いを叔母さんが言ってたけど、ハルの反応はそこらへん動物でしかない気がする。
ご主人様(雫)を取られそうになったら嫉妬するし、遊んでくれないとすねる。
かまってくれたらうれしいし、わかって欲求を満たしてくれたらもっと嬉しい。
それってすごい動物的な気がします。
最初からなんだけどハルは物事を表面的というか表層しか見ないところにもやもやします。
だからこそ周りがイライラするんだよ。ちゃんと考えてあげてよ。って。
まあ、雫も言葉足らずで考え足らずだから仕方ないって言えば仕方がない。
でも雫はちゃんと考えた。へたくそなりに考えた。
だから君の番なんだよ、ハル。君が今度は成長する番なんだよ。
……ってすごくいいてー!!
でも「冷たい女」であった雫がハルに「温かさを教えた人」だと思うとすごいつぼです……。

☆美少女夏目ちゃん
すっごいかわいい子なのにどこか変な夏目あさ子ちゃん。
それは中学時代「可愛すぎて」女子に嫌われたから。
だからその原因を作った男子が嫌い。自分に告白してくるような奴が嫌い。それを茶化してさらに女の子の中から自分を浮かせようとする周囲がもっと嫌い。
女の子の輪の中に入りたかったのに、入れなかった子。特別になりたくなくて、だけど容姿だけで特別になってしまった子。
それでネットの世界に入っていくのだけれど、オフ会に行くと男からモテすぎて女に倦厭されるという……。なんという……。
夏目ちゃんは女の子の扱いが苦手すぎて自滅しているということもあるのですが、そのことで男(自分を恋愛対象に見る男)を嫌ってる。
普通に考えたらそのことでハブる女の子もどうなのって思うのですが、自分に当てはめてみると……好きな男の子が好きな女の子のそばにいるのは苦しいなって思うわけです。
間違ってるからこそ止める人がいた。だけど止める人も当事者になったら正しいことばかりできないわけで。
そのことを夏目ちゃんはわかってるんじゃないかと思うんです。だからこそどんなに女の子からひどい扱い受けても自分を責めてしまうと思うんです。
だから近づかない。誰も傷つけたくないから。
そんな中初めてできた友達が雫なわけですよ。恋愛してもハルが夏目さんのことを好きになるわけじゃないから嫉妬しない。ぶりっ子だの何だの見当違いのことを言うわけじゃない。
反応が薄い雫にハルはイライラするけれど、夏目ちゃんはそのことを
「安心して近くにいられる」
と評価しました。そしてこの言葉がかなり心に刺さりました。
どんなことをしても女の子は敵にしかならなかった。でも雫は敵にならなかった。
それがたとえ自分に興味がないからだとしても。
夏目ちゃんは雫のことを大切に大切にしています。最初は嘘でも友達がほしかった。だからこそネット上の関係でもよかっただけなのに、最近ネットのことを口に出さなくなってきましたしほんとのことをネットに書くようにもなりました。
もともと夏目ちゃんって人を思いやれるいいこだとおもうんですよ。空回りするだけで。
大島さんのことだって「すごく応援してあげたいのに、してあげられない……」って悩んじゃうわけですし、「人を傷つける」ことにすごい敏感な人だと思う。
そして大事なものに囲まれつつある今、「小さな王国」が変化するのが怖いんですよ。
やっと手に入れたほしかったものが崩れるのが怖い。だから守るのに精いっぱいなわけです。
夏目ちゃんの「どうしてわたしは一人なの」「どうしてわたしにはこんなに遠いの」という言葉は友情に限らず「普通の人は持ってたもの」を持たなかった人の叫びだと思う。
心がささくれだって 死にそう
って言葉が夏目ちゃんから出ちゃうんですよ! 悩んでも何でも明るかった夏目ちゃんから……!!!どんだけつらかったんだって話ですよ!
ハルとは違う意味で、夏目ちゃんも「このまま」を望んでる気がするんです。
でもそんな夏目ちゃんが恋をします。ハルのいとこのみっちゃんに恋をするんですよー!
その時の表情がすごい好きだ!! 恋する表情がすごい好きだ!!!!
しかし、雫とみっちゃんって基本的にハルと一緒にいることで夏目ちゃんは許容範囲が同じ気がします。だってハルと夏目ちゃんは基本テンション同じですから。
今まで自分に対する恋愛に関して「人を傷つけるもの」としかとらえてなかった夏目ちゃんが「好きな人ができるって楽しいですね」っていえるんですよー!!
もう本当にみっちゃん、ありがとう!!!

☆常識人コンビ・ササヤン&大島さん
ササヤンくんが普通にこのメンバーの中に溶け込めるのがすごいなーって思う。
多分ササヤンくんはリア充です。そして普通に友達いっぱい。どこでも溶け込める人。
だからこそ傍観者になってしまう。なぜなら空気が読めてしまうから。
あれですよ、基本怪物くんはKYじゃないのササヤンくんと大島さんとヤマケン君しかいないから。
あとは基本KY装備だから。時々AKYもいるけど、基本KY。
たぶんあそこはササヤンくんがいなかったらぎすぎすしていると思う。
周りを見てられるササヤンくんだからいろいろと手助けしたり的を射たアドバイスができたりする。
でもけして深入りはしない。しそうになったらブレーキをかけてるイメージがあります。
私はてっきりササヤンくんのハルへの「借り」って中学時代の不登校の原因かなーって思ってたのですが、そういえばササヤンくんはそのことは噂で聞いてんだよね。じゃあ違うのか? どこら辺借りできたのですかね?そこらへんわくわくです。
そういや、ササヤンくんは少し夏目ちゃんがいいなって思ってそうな気がします。
でもまあ、ササヤンくんは友達に夏目ちゃんが好きな子いるからなー。そいつが結構軽薄な理由っぽいのに一途だしなー。悪い子じゃなさそうだしな、ヤナ。でももう少しこいつは夏目ちゃんのことを考えてあげてもいいともう。ササヤンくんのほうが考えてあげてる気がするぜ。
だけどササヤンくんは多分夏目ちゃんが「自分を恋愛対象とみる男」が苦手だろうと知ってるので手を出しにくいと思う。その上みっちゃんがカッコよすぎる。いろいろかっこいいよね。夏目ちゃんの顔もかわいくなるしさー!!! 
もうササヤンくんはいろいろ見えてしまうゆえに踏み込めないのがーーー!!
大島さんはドンマイです。本当にドンマイです。
普通の優等生だと思うのになんでこのここんなに不憫……! 親友のこといちゃいちゃしてればいいじゃない!!
いろいろ周りに気を使って、自分も気を使ってもらってるはずの人に追いつめられるという!!
このこはいろいろと考えすぎてぐるぐるしすぎて失敗するタイプのような気がしてました。でもいろいろと勇気があるよね。ハルのことに関しても、いろいろ。
その上優しいから気を使わずにはいられない。だってどんなときだって雫のことも考えてんだぜ。
ネガティブスイッチとかもわかるなっておもいます。そういう時期あるよーー!!!
いろいろと公正な人だと思う。だからこそ自分がどうのこうのってならない。
実はササヤンくんと大島さんの会話でつぼなのがありまして。
ササヤンくんが大島さんのことをクリスマスパーティーに誘うのですが大島さんは雫を思いやり、そして自分も凹むだろうからって断ろうとするんですよ。そしてササヤンくんもわかったーって納得するのですが、そしてそのあと
「やっぱ行こーよ、大島さん!」
「そっちのが楽しいって!」
「そっちのが楽しいって!」

……イッケメーン!!! いっけメーン!!
なんですか、この破壊力。もう大島さんササヤンくんに恋しちゃいなよ。結構ハルあなたにひどいことしてるんだからさー!!!!
でも大島さんはハルのことが好きなんだよね……どんなにあれでもハルのことが好きなんだよね。ほかのだれかじゃダメなんだよね……ハルめっ!

☆ヤマケンとゆかいな仲間たち
頭がいいくせにいろいろと不器用すぎるヤマケンです。
どんなところでも迷子になるほどの才能の持ち主です。
そしてハルのライバルです。でもこいつの場合報われねーんだろうなーって思うくらい不憫です。
だって普通にハルに突き落とされそうになったり「(手足切り落とすのは)雫にはできねーけどほかのやつにはできるぜ」とか言われてんだぜ?
ただ牽制のためにそれやられて、それでも引かねえってどこまで雫のことを好きなんだという!!!!
初回はハルに「友達だから金貸して」ってたかるというのから始まったのに、いつの間にか「苦労人」になってました。
自分のことをエリートだっていえてしまうくらいなのに、いろいろ不器用すぎるよね。
というかこいつが小等部のころからハルのことをいじめてたのに驚いた。
ハルそのこと覚えてんのか!? 覚えてないんじゃねーか?
でもそれくらいからこいつはハルのことを意識してて、でもハルの心には残らなかったんだなーって思うとすっげー片思い体制だなって思う。
でもって最初はハルに対する当てつけのようなものだったんだと思う。
だけどだんだん気になってくるわけだ。もう本当にこいつから見た雫が可愛すぎるのはどうしたらいいですか!?
でもってハルの牽制とか脅しとかにも負けないんだぜ。
ヤマケンの場合すごいもてて、自分に自信があって雫の嫌なところとか悪いとことかダサいところとかすごいわかってて、それでも雫が好きなんだなーって思うとすごいキューンと来る!
雫がハルの話しかしなくてもハルしか見てなくても期待してしまうところとか!
プライドが邪魔して素直になれなくても! それでもごちゃごちゃ理屈をつけて雫に近づくところとか!
雫が「(ハルが嫉妬するのは)それだけあなたが魅力的なだけでしょ」って言われただけで人目もはばからずにやけてガッツポーズするんだぜ。こいつプライド高いのに……!
雫が自分に笑いもせずにハルの話ばかりするのにバカみてえと思ってる瞬間どうもありがとうってほほ笑まれて「ドッ・・・・」っていう効果音がするくらいときめいちゃうんだぜ。っていうかこいつ雫にときめきっぱなしなんだぜ!?
そして必死に気を引こうとかしてから回ってハルのやきもちばっかりもらって……!
正直彼の恋愛の仕方がつぼすぎて仕方がない!!
本当にこいつは文化祭あたりから恋が始まってるっぽいんだけど段階踏んで本気度が上がってくるから侮れない!!
本当にごちそうさまです!!!!
本当に「ああ、こいつかわいい!!」って思います。言ってること生意気だしいちいち悪い奴だし、だけどもう本当に……!
女の子は雫と夏目ちゃんが私の中で競っているのですがオトコ部門だとこいつがぶっちぎりのナンバーワンです。報われなくてもいい、好き!
でもってもうスキー旅行の展開は神だった。というか4巻5巻すべて神だった。
でもってゆかいな仲間たちもうヤマケンのこと好きだよね!!
いろいろとお金持ちとかいろいろな設定があるのにもてない……!
不良ってもてる人種だと思ってたのにもてない!!
彼らが言うには「お金ノットイコールもて」らしいですよ!!!
もうこいつらはなごみ要員です。面白いのにかわいそう! とか思っちゃいます。

まだまだ語れそうですが、本当に大好きすぎます。となりの怪物くん!!
前後の記事
<< もやしもん6話「変態」 | TOP | もやしもん7話「仲直り」&8話「別れ」&9話「収穫祭」 >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

コメント本文

初めまして!!
私もとなりの怪物くんがすきです〜
ヤマケンくんかっこいいですよね^^♪
だいすきです!!
コメントフッター
まりりん | 2010/12/17 22:33
コメント本文

遅れて申し訳ありません。
まりりんさんもとなりの怪物君好きですかーvv
私も大好きですvvv
ヤマケン、かっこいいですよね。雫と一緒の時のヤマケンにすごいキュンキュンします。
コメントフッター
雪星 | 2010/12/23 21:10
コメント送信

Trackback

右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
タイトル

アマゾン

本文
flat (1) (BLADE COMICS)
flat (1) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
青桐 ナツ
ユルユル高校生と健気な子供の物語。小さい子ってかわいい。健気だったら余計かわいい。天使のようです。かなりオススメ
タイトル

アマゾン

本文
逆転裁判 蘇る逆転
逆転裁判 蘇る逆転 (JUGEMレビュー »)

大変面白い裁判シュミレーションでした
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
青空の卵 (創元推理文庫)
青空の卵 (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
坂木 司
引きこもり探偵と親友が織り成す日常ほんわかミステリー
タイトル

アマゾン

本文
聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
聖☆おにいさん(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
中村 光
もし神様がこんなのだったらどうしよう……!?神仏系ギャグマンガ。広い気持ちでみてください
タイトル

アマゾン

本文
キサラギ スタンダード・エディション
キサラギ スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

もしあのアイドルが自殺じゃなかったら……!? どっきどきのサスペンス&コメディ!
タイトル

アマゾン

本文
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
羽海野 チカ
やわらかい日常と繊細な男の子の将棋漫画
タイトル

フリースペース1

2008/2/20に感想ブログになりました
それにともない、日常などのそれ以外の記事を削除させていただきました。 ご了承ください。 これからの日常などはsluggardな日々でどうぞ
タイトル

フリースペース2

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
タイトル

フリースペース3

参加してます
blogram投票ボタン
タイトル

フリースペース4

ブログパーツ
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.