コンテンツ
ヘッダ

ボンヤリレビー

のんびりまったり感想かいてます

カレンダー

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
海の底
記事本文
一つだけお願いしていいですか。私のことは忘れてください。

そろそろ復帰しようと思って書きます!!

有川浩の自衛隊ファンタジーの第三作目。
マジでいいです。本気でお勧めします。

停泊中の潜水艦に子供たちが見学に来る桜祭り。
そこで出てくる巨大ザリガニ。
そこらへんを読んで「SFっぽいのかな?」と思っていたのですが、正直な話心情描写がリアルすぎて(特に子供たちの序列とか立場とか)すっごい引き込まれます。
これを読みながら非常時に対しての心構えはどうしても必要なんだけど、今の生活をしてるだけだと無理なんだなーって思いました。
普通の状況だと「普段食べてる冷蔵庫に死んだ人の腕が入ってる」ってどんな事情でもやだなーって思ってしまうのがわかります。
だけど、それを怒る夏木の気持ちもよくわかるんです。
でも一番丁寧に心理描写が書かれてるのって圭介ですよね。子供の中で一番”権力”を持ってる子供。
それは高校生である望じゃなくて圭介っていう点も面白いなーって思いました。

記事続き
本当にこういうパニックものをうまく書くなーと感心してしまいました。

一方は庇護されるべき子供。一方はその子供を守らなければいけない大人。
だけど大人は2人で子供はたくさん。
そのパワーバランスが面白かった。
子供には子供の社会があって誰に逆らっちゃいけないっていうのもある。
そのヒラエルキーのなかで一番頂点が圭介。
でも彼らの中で一番年上なのがただ一人の女の子の望。
このバランスが大人二人のせいで崩れてくのが面白い!!
特に圭介が!!
最初は本当に「うあ、このガキむかつくわー!!!」とか思ってたのに。
何だ、あの最後のほうの男前は。
望ちゃんもだんだんかわいくなってきてしまって本当に「わぁあああ!!」って感じでした。
実際小さな団地の中の子供もちの家庭だけの価値観でつくられてきたヒラエルキーで、本当ならどこでも通用するわけがなかったんだよね。
しかもその価値観がすっげー下世話だなーって思う。まあ、そういう価値観もないわけじゃないんだけど。
団地に入ってきた順+職業順って……
それで一番最初に入った圭介のお母さんがその団地の一番上的な存在。
「母さんの言うことが絶対」って、親のいうことって子供の価値観を作ってしまうから厄介。
そこでその価値観の中からはじき出されたのが望とその弟の翔で。
冬原の「そんなんだから恋心までママに操作されちゃうんだよ」って言う言葉が本当に印象的でした。
後茂久君が何気に好きです。このこは両親ともお店をしてるから団地の中の価値観とは少し外れてしまっていて、だからこそ一番大人な考え方をできる子です。
後女の子の日の書き方がやっぱり女の人だなーって思います。
男だったらたぶんあんなに詳細にかけまい。
とりあえずナプキンにすごい感謝したいですね。あの生活は男がいればいるほど無理だ。

あと大人たちのやり取りも面白かったー!!
明石さんと軍事オタクたちの話がすっごい面白かったー。
たしかに、私がもしそういう趣味があってそういう事態に巻き込まれたら不謹慎だけどすっげー興奮しそうな気がします。
後何気にレガリス(今回ゴジラ的存在)の研究してる研究者さんもかなり好きです。
というか、有川さん、こういう人たちかくのうまいなーvv

あと最後の夏木と望の別れ方とその後の記者と望のやり取りがつぼ過ぎた。
望ちゃんかっけー!!
と本当に大満足の一冊でした。
前後の記事
<< どうぶつの森 | TOP | 相棒☆感想 >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

コメント送信

Trackback

右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
タイトル

アマゾン

本文
flat (1) (BLADE COMICS)
flat (1) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
青桐 ナツ
ユルユル高校生と健気な子供の物語。小さい子ってかわいい。健気だったら余計かわいい。天使のようです。かなりオススメ
タイトル

アマゾン

本文
逆転裁判 蘇る逆転
逆転裁判 蘇る逆転 (JUGEMレビュー »)

大変面白い裁判シュミレーションでした
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
青空の卵 (創元推理文庫)
青空の卵 (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
坂木 司
引きこもり探偵と親友が織り成す日常ほんわかミステリー
タイトル

アマゾン

本文
聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
聖☆おにいさん(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
中村 光
もし神様がこんなのだったらどうしよう……!?神仏系ギャグマンガ。広い気持ちでみてください
タイトル

アマゾン

本文
キサラギ スタンダード・エディション
キサラギ スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

もしあのアイドルが自殺じゃなかったら……!? どっきどきのサスペンス&コメディ!
タイトル

アマゾン

本文
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
羽海野 チカ
やわらかい日常と繊細な男の子の将棋漫画
タイトル

フリースペース1

2008/2/20に感想ブログになりました
それにともない、日常などのそれ以外の記事を削除させていただきました。 ご了承ください。 これからの日常などはsluggardな日々でどうぞ
タイトル

フリースペース2

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
タイトル

フリースペース3

参加してます
blogram投票ボタン
タイトル

フリースペース4

ブログパーツ
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.