コンテンツ
ヘッダ

ボンヤリレビー

のんびりまったり感想かいてます

カレンダー

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
相棒 XDAY
記事本文
 俺たちは何と戦っているんだ

相棒好きなドラマNo1をささげてる雪星なんですが、その中でも一番好きなキャラクター。
それがかつての相棒「亀山薫」のライバルであり、
「捜一・トリオ」のリーダーであり、
「己の信念は曲げない、ゆえに特命係は認めない」の

伊丹憲一、通称いたみんです!

まあ、最後のはあれなんですけどね。私の妄想なんですけどね。
というわけで、待ってました!!

いたみん、初主演!!「X DAY」の感想です。

まあ、米沢さんの時も相棒いたし、W主演だけど主演に変わりないよね。
金融危機か、すごいところにちょうせんすr・・・・・・あれ? いたみんって捜査一課なのになぜゆえに金融危機?
ああ、でも殺人事件が絡めばいいのか!
よっしゃー 予告を見る限りだと面白そうだし、やっぱり主演であればある程うれしい!!
S11で岩月さんのいたみんへの信頼度を考えるとドキドキしちゃうね!
最初はなんか岩月さんがツンツンだって言うくらいだから相当いたみんは活躍するんだろうな!!
いやっふーーーーーー!!


そう思ってたことが私にもありました……
うん、活躍はしたよね。
うん、相当出張ってたよね。
うん、うん、そうだね。かなりクローズアップされてて主演ではあったよね。
そうだね、私が間違ってる。いたみん単独主演じゃなくてW主演だもんね。



おいしいところは全部岩月さんだったけどね!!!


いいんですよ。いたみんはいたみんできちんと活躍はしていたし。
内容的にはおもしろかったし。
相棒らしさはすごい出てたし。
ひさしぶりのかんべだし。
しかも右京さんと電話していたし。
なんだけど、なんだけどさーーーーーー!!
ただただいたみんはただの愛されいじられ役じゃないか!!
確かにかっこいい場面はあったけどね!
岩月君も信頼しているのがわかったけどね!

もう少しクローズアッププリ――――ズ!



  "謎のデータ"がネット上にバラ撒かれ、削除された・・・・。
 直後、燃え残った数十枚の一万円札と男の死体が発見された現場で、警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一とサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬は出会った。死 体は東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を流していた疑いで、サイバー犯罪対策課にマークされていたのだ。殺人事件 として真実を追う伊丹、不正アクセス容疑を追う岩月。いがみ合いながらも、共に捜査を進めていく二人だったが、目に見えない圧力に曝され、捜査は行き詰っていく・・・。

「人が一人死んでるんだぞ!」伊丹の正義は、殺人の真相に辿りつけるのか?

時同じくして、杉下右京を始めとする面々も、"謎のデータ"に触れ、否応無く事態に巻き込まれていく。その裏に蠢くのは、政官財の巨大な権力構造。そし て、浮かび上がる金融封鎖計画"X DAY"の存在。伊丹も岩月もそこに辿りつけないまま焦燥感を募らせていく。「俺たちは、何と戦っているんだ・・・」。
 一人の熱血刑事と一人の専門捜査官は殺人犯を追い詰められるのか!?
 そして、その裏で蠢く金融界と霞ヶ関の思惑とは!?

(相棒シリーズ X DAY 公式サイトから引用)

ではネタばれ感想行きます―
JUGEMテーマ:映画館で観た映画

記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜
記事本文
あなたの正義を問う

このキャッチコピーが好きです。
そして昨年見た映画の感想を今頃いうという……

相棒はご存じ雪星のドラマ史上もっとも思い入れのあるドラマです。というか、これをファンと呼ばずにどうするという……!
でもって最近亀ちゃんファンからも神戸くんがだんだん好ましく思えてきていただけたようで・・・・・!
今回は良かった。本当に良かった。
というか相棒ファンは正直みないと絶叫すると思う。
完全に「おま、ちょ、まって!!!」とショックを受けた。というか終わってから茫然自失というか「え、私夢見てない?」って感じのラストだったよ。
まさかね、あとちょっとで終わるなーって感じの時にまさかね。
あとこにたんがかなりいい演技してたと思います。
彼女のために命をかける男がいてもしかたがないっていうか!

あと陣川くんも出てきてくれてうれしかったー!!
ここで陣川くんと神戸君の初対面がありますよー!! ドラマ版では一回あってるけどね。そして「初めて会ったとき〜」って言ってたのに首かしげてたけどね!
たぶん、「シーズン8」→映画→「シーズン9」なのかな? 時系列的に。
どおりで例の人が出番ないなーって思ってたぜ。

今回は警視庁で人質をとって立てこもりが起きるという内容なのですが、その裏では「公安」という「警察官なんだけどよくわからないぜ」的な部署にいる「陰の管理官」の存在が裏にあるという何とも「相棒らしい」設定です。
そしてそれは冒頭でしかない。
それからどんどこ立てこもりが起こる要因となった事件の真相とそれによる陰謀が明らかになってくという。
何度も言いますが相棒らしいです。
気蓮屬海鵑砲舛蓮∩衙世任后廚辰憧兇犬覆薛兇蓮屬笋辰曄次俺のことわかってるよね?」って感じです。
つまり気呂修鵑覆縫侫.鵑犬磴覆てもオッケーじゃない? って感じに作られてるのに対し、兇蓮屮侫.鶲奮阿断り宣言」でもしとけよって感じに未経験者には厳しい作りです。
最後の最後もファンだからこその思い入れだもんなー。
でも、正直面白いから見たほうがいいと思うよっ!!
JUGEMテーマ:映画館で観た映画





記事続き
タイトル
タイトル
アリス・イン・ワンダーランド(3D初視聴)
記事本文
でもいいことを教えてあげる。偉人はみんなそうなの

正直言って「ティム・バートン&ジョニー・デップ」ファンの友達は「うーん、これは……」という感想だったのでそこらへんのファンの方は見なくていいんじゃないかなという作品でした。
私は双方にそこまで思い入れがなく、アリス系統をちょっとかじってましたぐらいだったので結構楽しめました。
でもこれは「予習」が必要な作品だったのではないかなと思います。
結構「アリスの物語は知った上で来てるでしょ?」みたいなところが大いにあったので。
アリスファンで「ティム・バートンに思い入れもなくかといって苦手でもない」人はドンピシャだったのかもしれないですね。
あと3Dはじめてみたのですが、超目が痛い……目玉が痛い……何これ……
友人は「前頭葉がめっちゃ痛い」という感想でした。すごいなーって思いつつ、一番感動したのが「ディズニー映画に最初に出てくるお城が3D」なのはなんだかなーっておもいます。
まあ見るところにもよるのかなーっておもいますので、まあでも「アニメのほうが3Dは相性よさそうだな」というのもトイ・ストーリー3の予告を3Dで見たからですかね。ピクサー系は相性よさそうだと思う。

本編感想はつづきから!


JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 
記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
風が強く吹いている
記事本文
走、走るの、好きか?

いや〜かっこよかったです。林遣都がすごい走り方がきれいでした!
実は年末に見てたので今回の駅伝とか楽しんでみれました。
久しぶりに映画を見たのでドキドキしてしまいました。
ぶっちゃけ原作のファンだったので、原作については後日かきたいと思います。
なので今回は映画について。

かなり早足で進んだなーっていう印象でした。
というか、この内容だったら連続ドラマとしても大丈夫じゃないでしょうか。
もっと掘り下げてほしかったー!!
結構ほかのキャラたちも濃いので絶対に受けると思うんですよね。
ぜひぜひNHK辺りで放映してほしいなー!!
ぜひこのキャストでー!!っていうのは無理ですかね?
かなり健全なつくりになってました。
実は原作では万引きが出会いだったわけですが、映画のほうだと「食い逃げだったけど実は食堂がぐるだったよ」的なことでしたね。
そのようにチョコチョコと変わっています。
あとやっぱり林君の走り方がすごーくきれいだった!
この映画はこれに尽きると思う。
あと何気にソフトバンクのお兄ちゃんが演技がうまかった気がします。
小出圭介は本当に”ハイジ”まんまでした。
下手したら浮いてしまいそうな言葉を説得力をつけるうまい役者さんだなーって毎回思います。
体系は本当に「ルーキーズ後だなー」ってかんじでしたが;;(林君がまんま長距離はしってそうな体つきだったので余計)

いろいろ気になるところはあったのですが、全体的に満足しました!!!


JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(邦画)
記事続き
タイトル
タイトル
相棒 鑑識・米沢守の事件簿
記事本文
評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント:地味だけど良作!!

あなたと私はもしかしたら似てるのかもしれませんね

ご存知、相棒のスピンオフです。
特命係というか右京さんのよき理解者であり協力者の鑑識係・米沢さんにスポットが当たってます。
そのせいか、これにでてくる鑑識作業は本当に本格的でした。
あと大人の科学とか出てきたのには「さすがっ!」って思いました。
前作の東京ビックシティマラソンの犯人が捕まったとき、米沢さんは顔認証システムで活躍していましたが、そのときに思わぬ顔を見るわけです。
それは米沢さんの逃げられた女房。
ずっと米沢さんは奥さんが帰ってくるのを待ってたのですが、まさかマラソンにでてるとは!
しかし問い合わせしたときの女性職員の対応が雑すぎることにちょっと笑ってしまいました。
これってどういうところでやってるんですかね?
しかも米沢さんの独り言に結構過剰反応。
まるでコントですねwww
そして近くに住んでいた奥さんらしき女性の家までいってしまう米沢さん。
勇気がなくてはいっていけない米沢さん。
そのときは家に帰ってしまうのですが、そこで事件発生!!
なんとその女性が自殺してしまったようなのです!!!!!
ってその遺書って何かの切れ端じゃねーか!!?
毒まで手に入れといたってことは計画的でしょ? なのにその遺書が通るってないわ〜。
第一あいまいすぎる言葉の遺書は疑うべきだと思うのですが……。
その姿にショックを受けつつ、米沢さんは妻にはなかった黒子を発見します。
そしてこっそり髪の毛で血液型鑑定って……いいの、こういうのは??
といっても結構特命係でお願い聞いてもらってますもんね。
それで自分の妻じゃないとわかったときに、その彼女の元夫の刑事が乗り込んでくるわけです。
そこで始まる、米沢さんとその相棒による捜査が。
しかし、米沢さん度胸ついたなー。この刑事さんは本当にいろいろやってしまうわけですが(この人がいろいろ突っ走ります、はい)フォローがうまい!!
やっぱり特命係になれているからですかね!!
っていうか、っていうか、米沢さんが右京さんのことを「敬愛する刑事」って紹介したよ!?
ひゃっふー!!!
っていうか結構後半なんですが、そこに一番感動しました。
しかしこの相棒の相原刑事(荻原さん)がとても元妻が自殺したって言うことに納得できなくていろいろ突っ走るんですけど、この人の暴走っぷりがすごかった。
その元妻が働いてたのが、警察上官の天下り先にも上がる青防局なんですけど、やっぱり圧力がかかるわけですよ。メッチャかかるわけですよ。
しかし、それにめげない相原刑事。っていうかやけくそなんですが、それに付き合ってしまう米沢さん。
ほんとうにいいなー。
そして片桐ハイリさんの存在感が半端なかった。
ちょーおしゃべりなOLさんでいろいろなことを二人に話す役どころなんだけど、本当にいそうな感じなんだな!!
なんかあの「この抹茶アイス、小さくなってない!?」は身近で聞いた気がします(笑)
しかしずうずうしいなーって感じが本当にすごかったです。
それにそのことがばれて米沢さんが「しゃべっちゃったんですか」っていったときに「あら、知らなかった? 私、内緒話苦手なの」という返しがとてもおもしろかったー!!
米沢さんの「知ってた気がする」という返しもだいすきです!!
だって彼女から事情を聞いてたのって彼女がおしゃべりで噂好きだったからですもんねー!!
そして、愛しのイタミン!! 久しぶりにイタミン本領発揮!?
やっぱり亀山さんいたときの特命係をライバル視するイタミンが大好きです。
マジでいとしい!! 米沢さんが特命係を優先するのがそんなにいやか(笑)
最初はイヤミすごい言っていたのに、その跡米沢さんの挑発にまんまと乗ってしまうイタミンがいとしいよ。
しかし、正義感は相変わらずです。もう本当にお前は特命係になっちゃえよ! もうどうせ出世できないよ!!
しかし、犯人にはびっくりでした。本当に久しぶりに「えっ!?」って思っちゃいましたもの。
ああー、まんぞくっ!!!!!
あと米沢さんって本当に顔が広いですよね。いろんな人に声をかけられてると人当たりがいいんだなーって感心します。こういうと子、右京さんは見習うべき!!ではないですかね。
そうすれば神戸君ももうちょっといい人になってくれるよ!!

JUGEMテーマ:相棒 
 
記事続き
タイトル
タイトル
パコと魔法の絵本
記事本文
評価:
---
アミューズソフトエンタテインメント
コメント:ちょー泣けます!!

ゲロゲーロ。ゲロゲーロ。ガマの王子はわがまま王子。

久しぶりにボロ泣きしました。
もうほんとうにすっごいよかった!!
キャスティングのうまさが際立つ作品だったと思う。
本当に適材適所。
あとすっごい派手な演出も時々CGになっても違和感が出ないっていすごい効果を生み出している。

大貫を老人が尋ねてくることからこの話は始まります。
この老人が変なやつ!!遺影に落書きしようとしてみたり、「この顔を見てると……腹が立つ!」といってみたり。
それなのにわざわざ来たの? みたいな。
そしてもったいぶって話し始めたのがこのお話。

大貫(こちらは現代大貫のおじいさんかな?)という老人がパコという少女に出会うんだが。
この爺さんがめっちゃいやなやつ!(笑)
猫を蹴飛ばしてみたり、自殺未遂で運ばれてきた人に「死ね!」といってみたり、なくなった小学生の花をむしりまくったり、いろいろ悪行三昧です。
もちろん言い方もきつくて、名前を呼ばれると

「お前がわたしを知っているというだけで腹が立つ!」

というわけですよ。人間が嫌いというよりも、本当にすっごいいやなやつ。
もちろん病院の人たちにめちゃくちゃ嫌われているわけです。
そして、パコという少女に出会う。
以下、ネタばれ注意!
記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
遠くの空に消えた
記事本文
「ボウボウドリってバンバンジーのことじゃないですか?」「……きみ、鋭いね」


おい、父ちゃん……!

なにやってんねーん!!!
とおもわず笑ってしまいました。
小学生のころの時間って本当に貴重だったんだなーと思います。
そして亮介の境遇が…...なんていうかどうしようもないことがあるって言うのはわかってるけどさ。
きっと転々としてるんだなーって思うと切なくなった。
転勤族って向いてる子供と向いてない子供がいるんじゃないだろうかと余計な寄り道をしてみたりして。
まあ、一番目当ては例の人(笑)なんですが、嬉しい誤算でささの友間くんがよかったーvv
というか今回は子役みんなうまくてびっくり。

以下ネタばれありで


JUGEMテーマ:邦画


記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
キサラギ
記事本文
評価:
香川照之,ユースケ・サンタマリア,塚地武雅(ドランクドラゴン),小栗旬,小出恵介,佐藤祐市
キングレコード
ミキちゃんの最大の魅力は、瞳です

そういいきる家元、まじめそうなオダ・ユージ、おっさんなのにいちご娘、軽いのりのスネーク、まさに見た目どおりの安夫が集まったのは「如月ミキ一周忌追悼会」。
そこでいろいろおこなわれるんですが、たぶんコメディー好きにはたまりませんv
特に「THE3名様」が好きな人はこの作品も好みなんじゃないかなと。
そして踊る好きにもたまらないこともあります。
ところどころパロディがあって、面白かったー!!
あるいみオタクが苦手な人、そういうセンスが判らない人はもしかしたら面白くないとおもう作品化なーとおもいますが、つぼに入れば爆笑します!!
そして、最後に泣けます!!というかこの作品でなくとは思わなかった。
どの役者さんもいい味出てましたvv

以下、感想雑感ネタバレありで。

記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
ただ、君を愛してる
記事本文
評価:
玉木宏,宮崎あおい,小出恵介,上原美佐,青木崇高,大西麻恵,黒木メイサ,新城毅彦,市川拓司
エイベックス・マーケティング
ねえ、誠人 あのキスのとき 少しは愛は あったかな……

正直言いましょう。
私は原作読了済みでした。
そして、そこでも泣きました。
宮崎あおい そして玉木宏。当時というか今もかな、とても注目されていた俳優さん方。
そこでおもったこと。

「アイドル映画にならないかなー;」

でも、それはそれを見終わった私の顔が証明しました。
つまり

涙と鼻水で顔がぐじゃぐじゃ(感動台無し)

確かに原作ファンとしてはつっこみどころがたくさんあった。
でも、本当にあおいちゃんは静流だったし、玉木くんは誠人だった。
本当に映像が綺麗で、市川拓司の透明感が映画に出ていたことが何より嬉しかった。
私が原作を読んでいて、映像に求めるのは原作に忠実であることじゃないんだとこの映画が教えてくれました。
映像と文章が違うのは当たり前。忠実すぎて「おいおい;;;」ということもある。
だけど、だけどね。
せめて世界観は破壊しないでほしいなとおもうんですよ。
一字一句おなじでも、「ええええ〜、これ作った人原作ちゃんと読んだよね!?」と原作ファンにいわれるようだとちょっとなーとおもうわけです!
映画化しているってことは、初見の方と原作読み済みの方がいるわけでして。
両方が納得する映画を作ってほしいとおもうわけです!(ドラマ化などもまた同じ)

ええと、ではネタバレ雑感いっきまーす!!
記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
しゃべれども しゃべれども
記事本文
国分太一.香里奈.森永悠希.松重豊.八千草薫.伊東四朗,平山秀幸
角川エンタテインメント
好きなもんから逃げると 一生後悔するぞ


まじめに好きだと思います。
もう本当に、だいすき……
松重さーん!!とかやってる暇なんてなかったです。

さてさて、ジャニーズと落語といえば「タイガー&ドラゴン」を思い出しました。
でもそれとはやっぱり一味違います。
そして、香里奈さんがめっちゃかわいかった!!
しゃべるのが苦手というか、会話が苦手な人って老若男女問わずいると思います。
その人にぜひ見てほしい、「しゃべれども しゃべれども」
おすすめです。
JUGEMテーマ:映画


記事続き
右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
タイトル

アマゾン

本文
flat (1) (BLADE COMICS)
flat (1) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
青桐 ナツ
ユルユル高校生と健気な子供の物語。小さい子ってかわいい。健気だったら余計かわいい。天使のようです。かなりオススメ
タイトル

アマゾン

本文
逆転裁判 蘇る逆転
逆転裁判 蘇る逆転 (JUGEMレビュー »)

大変面白い裁判シュミレーションでした
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
青空の卵 (創元推理文庫)
青空の卵 (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
坂木 司
引きこもり探偵と親友が織り成す日常ほんわかミステリー
タイトル

アマゾン

本文
聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
聖☆おにいさん(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
中村 光
もし神様がこんなのだったらどうしよう……!?神仏系ギャグマンガ。広い気持ちでみてください
タイトル

アマゾン

本文
キサラギ スタンダード・エディション
キサラギ スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

もしあのアイドルが自殺じゃなかったら……!? どっきどきのサスペンス&コメディ!
タイトル

アマゾン

本文
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
羽海野 チカ
やわらかい日常と繊細な男の子の将棋漫画
タイトル

フリースペース1

2008/2/20に感想ブログになりました
それにともない、日常などのそれ以外の記事を削除させていただきました。 ご了承ください。 これからの日常などはsluggardな日々でどうぞ
タイトル

フリースペース2

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
タイトル

フリースペース3

参加してます
blogram投票ボタン
タイトル

フリースペース4

ブログパーツ
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.